お財布の柄やデザインが本人のイメージやTPOに合っていない

男性が使っていたらちょっと嫌だなと思う財布・・・・それは本人のイメージに合っていない財布でしょうか。
あとは年相応の財布ではなく幼い印象を与えてしまう財布、逆に背伸びのしすぎや無理をしすぎている印象を与える財布もマイナスなイメージを与えてしまいます。
もしかしたら雑誌の特集などを読んで自分のイメージとは違った財布を使うことでギャップを演出したいと思っている男性たちもいるかもしれません。

 

ですが財布を取り出して使うことはプライベートだけではなく、ビジネスの場面でも頻繁にあるもの。
複数の財布を購入しておき、場面や気分によって持ち歩くものを変えるというのもあり。
とはいえ複数の財布を持つとしても、そのなかでひとつくらいは自分のイメージに合ったもの、カジュアルすぎずにビジネスなどの堅い場面でも違和感なく使える財布を購入しておくと便利でしょう。
なによりファッション好きな男性たちであれば、その日の服やスーツに合わせて財布を選ぶというのもできるので毎日の楽しみが増えそうです。 

 

ではどういった財布の選び方でマイナスの印象を与えてしまうのでしょうか。
And A(アンドエー)というブランドの財布を挙げていきます。
And A(アンドエー)の財布はオシャレなデザインの財布からシンプルな財布まで幅広く用意されており、知名度はそこまでないものの人気があるブランドのひとつ。
財布だけではなく長財布が基本形となりますが、色にもバリエーションがあるので選択肢がぐんと広がります。

 

また有名ブランドの長財布に比べると手頃な価格で購入できるのはAnd A(アンドエー)の魅力のひとつ。
とはいえAnd A(アンドエー)が取り扱うディズニー柄の財布は可愛いすぎる印象も。
And A(アンドエー)がディズニーとコラボレーションした財布というのはいくつかタイプがあるのですが、まずディズニーのミッキーマウスが長財布の全面に3つ型押しされているタイプのもの。色がネイビー、山吹色、赤色、白色、深緑色といった全部で5色があります。

 

次はミッキーが1つ型押しされているタイプのもので、色のバリエーションも同じく5色ですが長財布よりは小さめのコンパクトサイズ。
どちらも可愛いのですが20代 メンズ財布として社会人が日常的に使うのにはちょっと・・・。
でも牛革でしっかりしていてカジュアルなイベントやディズニーランドに行くなどの場面ではぴったりのオシャレな財布なので、使い分ければ十分活用できますよ。